• facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr
LANDcomHOUSE 〒507-0807多治見市生田町6-211-1  TEL/FAX 090・9171・3091
                                                                                         isozaki@ktb.biglobe.ne.jp

そんな集合メリットを活かす為には、どうしてもコーディネーターが必要になります。そこで以前から考えていたコーポラティブハウス方式によって、LANDcomHOUSEがコーディネーターとなり、所有地を活用しつつ実現させてみたいと思っています。さらに、街づくりNPOにも参加し、地域に根ざした活動を始めております。

卵パックのタマゴ。

私も東京に住んでいる頃、30代前半まで公団アパートに住んでいました。当時、少ない収入でしたので、鉄筋コンクリート住まいが出来るだけで、 満足していました。私の部屋は小世帯者用の1DKでしたが、なんと1棟で450世帯もあり、全体では計り知れない程の世帯数です。毎日々、小田急線で渋谷に向かう通勤姿の我を振り返ると、なんだか自分が卵パックのタマゴのような、つまり、効率的な空間に収められた労働力商品として、そんな風に自分が捉えられいる様な、ヤルセナイ気分に陥っていた事を思い出します。

戸建てと分譲マンションの良いところを組み合わせた住まいづくりはないものか…?

コーポラティブハウスは、マンション分譲会社が介在せず、入居者が主体となって進めていきます。LANDcomHOUSEは入居者の取りまとめ役コーディネーターとして入居者をサポートし、コーポラティブハウスの建設を推進してまいります。
通常、参加者が建設組合を結成し、直接土地を購入するのがですが、LANDcomHOUSEでは土地が先にあって、土地を媒体として結縁していく考え方です。つまり、地縁結縁です。せっかく集合するのですから、コーポラティブの有志がしぼられていく内に、価値観KeyWordを共有できる集まりとなり、そして、建設組合となれば、共同事業が上手く運んでいけるのではないでしょうか?(先にKeyWordがあるのか?KeyWordが後からついて来るのか状況に拠りますが。)その建設組合が工事を直接発注するシステムです。したがって、ディベロッパーの中間コスト(モデルルーム等の広告費・販売経費)が省かれるため、より原価に近い価格で住宅取得が可能となります。また、参加者が費用の内訳を把握しながら住まいづくりを進められ、納得価格で住まいを取得する事ができます。また、コーポラティブハウスを創りあげるための話し合いは、それまで知らなかった者同志がお互いの感性や人となりを知り、目標に向かって苦楽を共にしていく内に、生まれる連帯感を築く貴重な体験となる事でしょう。「お隣の顔もみたことがない」「エレベータ-に乗り合わせても挨拶を交わさない」など、マンションライフのコミュニケーション不足が問題とされているなか、住まいづくりを通して自然に、穏やかなコミュニティを築いてゆける‥そんな、安心感のある暮らし心地も、コーポラティブハウスならではの魅力です。

コーポラティブハウスは家づくりの新しいスタイル。

同じ様にディベロッパーによって造られたマンションでも、自分の暮らし方を画一的な空間に押し込めねばならないのが現実です。たとえマンションであっても、モットのびのび自分らしく暮らしたいではありませんか?
旅のイタリア編で書いた様に、マンションは集合するメリットがありますので、都心では極めて有効、不可欠です。しかし、その人らしい生活の場を作り出す事が出来ないのは、日本の集合住宅を造る社会的スタンスと居住観から来る問題ではないでしょうか? ほとんどのディベロッパーは利益偏重による刹那的な発想で造られている事です。階高、間取りの広さ…等にゆとりが無い為に、まるで毎日、窮屈で着心地ちの悪い服をまとっている様な物です。ほんの少しのゆとりさえ有れば、心地の良さは大きく変わるはずなのに…。住まいは「買う」ものではなく、こんな家に住みたいと言う意思が創り出すモノだと思います。

計画地
多治見市大畑町1丁目312

 敷地面積    約950㎡
 予定世帯数   10世帯

名古屋駅から快速で35分でJR多治見駅。そこから歩いて20分、車で5分位、前山団地の駅よりの一角にある敷地です。眼下に双葉保育園、近くに養生小学校と付属幼稚園、そして中学、高校と通学に最適な場所です。旧市街の山手の所ですから、市役所なども身近な所にあり、スーパーその他生活に必要な施設は揃っていて便利です。さらに、近くに緑の散策道もあり、市の総合グラウンドに繋がって行き、スポーツ好きの方にはモッテコイです。この様な環境ですので、「30前後で子育てを始める世代」、「名古屋で勤務しているけれど緑豊かな生活を望んでおられる方」などには好ましいライフスタイルが出来ると思います。
計画地は小高い山の傾斜地ですが、意外と平らな土地よりも傾斜地の方が魅力ある建物が出来上がります。敷地の特性を引き出し、ひな壇状のテラスハウスを考えています。手前のお宅の屋根が自分のテラスになり、その前方に広がる山並みと相まって、雄大な景色とゆったりとしたテラスを楽しむ事が出来るでしょう。オープンでありながら視線を気にする事ないのは、素晴らしい事です。

多治見駅から名古屋駅まで快速電車で35分ですから、名古屋へ出かけるのにも便利です。