• facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr
LANDcomHOUSE 〒507-0807多治見市生田町6-211-1  TEL/FAX 090・9171・3091
                                                                                         isozaki@ktb.biglobe.ne.jp

〇移住倶楽部会員無料登録

(仮称)移住倶楽部登録希望していただければ、どなたでも塾生として随時無料で建築や不動産の御相談を致します。まず、自分の生き生きした姿を思い描ける地域を探すことから始めましょう。東濃地域には様々なイベントが催されています。そこに参加する事から始めましょう。そこには繋がれる可能性が隠れていますので、説積極的になってチャンスを生かしましょう。その為には滞在する事で繋がりは増します。色々な情報を得られるでしょう。サポートします。農泊、シェアハウス、季節移住と確かめながら移住する事が出来ます。土地や古民家の契約前に、気になるポイントをチェックしたり建築的な考察をセカンドオピニオンとして提供しています。いざ良い物件が見つかっても、初めての不動産購入、移住には不安がつきものです。でも、闇雲に敬遠しては、本当は良かったはずの物件も買い逃してしまうことでしょう。東濃移住サポート塾では、家づくりのプロセスの中で、住まい手にとっても街並み景観にとってもプラスになるよう、建物の神経を注ぎ込むことが最大の目標です。

プロ並みの情報源を共有し家づくりを学ぶ

東濃移住サポート塾では、地元でしか入手できない広告や他の塾生さんからの紹介などの中から、リアルタイムに更新されるプロ向け不動産流通機構Rainsのデータベースと週2日届くathomeファクトシートの物件情報を幹事不動産会社から得ています。さらに、塾生さんにとって検討に値すると評価した物件を日夜クリッピングしています。物件探しサポートをご希望の塾生さんは、これらの物件情報を参加者限定のSNSシステムで閲覧することができ、物件の長所、短所を意見交換したり、建築までのコストを資産した事業シミュレーションを検討したり、実際に各自が現地を見てレポートをし合うことで物件探しの知識とノウハウを高めることができます。その中から気に入ったものがあれば、塾長のサポートを受けながら購入へつなげることもできます。物件探しサポートに参加しても、事前に会費などの費用はかかりません。詳細は、面談時にオリエンテーションをします。

 

短期宿泊で移住する人もサポートします!

不動産を購入するなら、まず短期宿泊若しくは賃貸で移住して地域のことを知ることが肝心です。地元にいれば、物件情報にも迅速に対応し多くの物件を見て歩く事ができます。また、よい物件は、その日のうちに先約が入る事も稀ではありませんから、遠方から週末だけの物件視察ではライバルに完全に遅れを取ります。そうした物件に対する購入判断は、物件を数多く見て初めて養われるものですから、それには、やはり地元での不動産探しが一番であると結論づけてきました。また、賃貸生活を続けることも、その方の属性や条件によっては合理的なライフスタイルだと思います。そのような賃貸移住派のために以下のサービスを提供しています。まずは移住登録の上、面談をした方のみIDを発行しています。